文部科学大臣から「外国大学等の日本校」の指定を受けました。オープンキャンパスへのお申し込みはこちら

深圳大学主催サマーキャンプ2025

深圳大学主催サマーキャンプ2025

中国のスタンフォード大学と呼ばれる深圳大学のサマーキャンプに参加しよう!

 中国の改革開放以来、人口数十万人の小さな漁村から1700万人以上の大都市に成長した深圳は、テンセント、Huawei、DJI(民生用ドローン世界シェア70%以上)、BYD(電気自動車販売代数世界トップ)などのIT企業が拠点を構えるなど、現在では中国のシリコンバレーと呼ばれるなど、大きな成長を遂げています。深圳市は新しいビジネスや産業の育成に力を入れており、多くのインキュベーションセンターやコワーキングスペースがあり、アイデアを持つ若者やスタートアップ企業にとって、深圳は理想的な場所です。また、EVの普及率は48%(2022年現在)を超え、またドローンマーケットは年間2兆円を超すなど、時代と技術の先端を走る街、それが深圳です。

 この深圳の魅力を実感する機会がこの夏にあります。

 この深圳大学主催サマーキャンプでは、世界各国の青少年たちと共に中国語を学習することに加え、深圳を代表する企業への訪問、都市探索、中国文化体験など、中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳を直に感じられるプログラムになっています。

■開催地  
深圳大学(中国 深圳市)
■期間   
2025年8月中旬(15日間)
■参加費用
6800元(約150,000円) ※予定(受講料、宿泊費、各種アクティビティ含む)
※別途 航空券
※上記の費用は2024年実績となります。2025年度の料金が正式決定次第再度掲示いたします。
■対象 
中国籍以外の日本の高校生
■詳細
中国語初級クラス または 中級クラス
・少人数制授業
・聞く、話す、読む、書くなどの言語スキルを身につける。
・スピーキング訓練を行い、中国語のコミュニケーションを向上させます。
・伝統文化学習や都市訪問などを通じて、中国文化に浸り、理解を深めていくアクティビティを開催。茶文化、中国書道、中国画、都市探索
企業訪問候補企業:Tencent(アジアインターネット企業最大手)、Huawei( 通信機器大手メーカー)、BYD(EVメーカートップ企業)、DJI(世界70%シェアのドローン企業)など
■奨学金制度
奨学金希望者には、参加理由、自己PR、前期までの学業成績がわかるもの(高校1年生は、中学生までの)をを提出いただき、上位3名に対し、参加費用、航空券を免除。
■渡航前指導
渡航前に東京校にて、ビザの申請方法・決済方法指導、旅行で使える中国語講座など開催。
■航空券
日本から深圳までの航空券は、ご自身で用意いただきます。 
参考:ANA往復航空チケット料金約10-12万円 ※2024年4月現在
11:10 東京国際空港(羽田)発-15:10 深圳宝安国際空港着

下記の事前登録をして頂ければ、日程の詳細や事前説明会のご案内などが決まり次第、お送りさせていただきます。