文部科学大臣から「外国大学等の日本校」の指定を受けました。オープンキャンパスへのお申し込みはこちら

コースカリキュラム

コースカリキュラム

中国語・ビジネス中国語学科

 深圳大学の中国語・ビジネス中国語学科は、グローバルなビジネス環境で活躍するための高度な中国語能力と文化的理解を学生に提供することを目指しています。当学科の教授陣は全員、深圳大学から厳選された経験豊富な専門家で構成されており、学生に対し、言語だけでなく、中国のビジネス慣習、文化、歴史に関する深い洞察を提供します。
 当プログラムは、基礎から応用までの幅広いレベルに対応しており、初心者から上級者までの学生が自分のレベルに応じた学習を進めることができます。初めの2年間の学習を通じて、学生は中国語での副専攻を学べるだけの能力を身につけることができます。これにより、専門分野における中国語の使用能力を高め、より専門的な知識を中国語で習得することが可能になります。
 本学科では、実践的な学習アプローチを重視しており、実際のビジネスシナリオを模したクラス活動、ディスカッション、プレゼンテーションを通じて、ビジネス中国語のスキルを養います。また、卒業論文の執筆を通じて、学生は研究能力と批判的思考能力を高め、ビジネス環境で即戦力となる専門知識を深めることができます。
 深圳大学の中国語・ビジネス中国語学科は、中国語の習得だけでなく、中国のビジネス環境で成功するための重要なスキルと知識を身につけたいと考える学生にとって、理想的な選択肢です。当学科での学習を通じて、学生は言語能力を高めると同時に、中国という国を深く理解し、将来のキャリアにおいて中国との架け橋となることができるようになります。

1年次受講科目:日中文化の違い、グレーターベイエリアの経済特徴、初級中国語総合、初級中国語スピーキング、初級中国語ヒアリング、初級中国語リーディングとライティング、初級中国語総合、日中文化比較、英語等

2年次受講科目:中級中国語総合、中級中国語視聴話、中級中国語リーディングとライティング、中国茶文化、漢字解釈、中国語ボキャブラリーと文法の難点、深圳概況、英語等

3年次受講科目:中国概況、ビジネス中国語総合、ビジネス中国語ヒアリング&スピーキング、ビジネス中国語読解、国際貿易交渉、ビジネス新聞読解、中国法律制度、ビジネス中国語会話、卒業論文指導と実践、中国経済読解

4年次受講科目:ビジネス中国語会話、国際貿易実務、卒業論文、インターンシップ

中国語能力をすでに備えている生徒に対しては飛び級制度をご用意しており、重複して中国語を学習する必要がないようにしておりますので、ご安心ください。

経営学

 深圳大学の経営学は、創業とイノベーションの分野で特に優れた実績を持っています。当学科では、実践的な学習と理論的な深掘りを組み合わせることで、学生たちが現代のビジネス環境で求められる創造的かつ革新的な思考を育むことに力を入れています。深圳という、高度な技術とイノベーションで世界的に知られる都市に位置することで、学生たちは最前線の知識と実践の場に直接触れる機会を得ています。また、産業界との強固な連携により、学生は起業家精神を養い、自らのビジネスを立ち上げるための実践的なスキルと知識を身につけることができます。
 当学科では、多様なバックグラウンドを持つ教授陣が、グローバルな視点から最新の研究成果を教育に取り入れ、学生たちに幅広い視野と深い専門知識の両方を提供しています。カリキュラムは、理論と実践のバランスに重点を置いており、ケーススタディ、インターンシップ、プロジェクトベースの学習を通じて、学生たちが現実世界の問題解決能力を磨くことを目指しています。
 深圳大学経営学部は、未来のリーダーたちが新しいビジネスの概念を創出し、変革を推進するための知識とスキルを身につけることができる場所です。私たちは、学生一人ひとりがその潜在能力を最大限に発揮し、イノベーションと創業の精神を持って社会に貢献できるよう支援しています。

受講科目:経営管理、マーケティング、ビジネス方式、財務管理、創業学、日中のイノベーションと起業実践、グレーターベイエリア新業態討論

情報コミュニケーション学

 深圳大学の情報コミュニケーション学科は、先進的な情報技術とコミュニケーション理論を融合させたユニークな教育プログラムを提供しています。この学科は、テンセントという世界をリードするテクノロジー企業との緊密な連携により、学生に実践的な学習体験と業界の最先端に触れる機会を提供しています。テンセントとのパートナーシップを通じて、当学科は最新の情報技術、デジタルメディア、コミュニケーション戦略に関する深い知識と理解を学生に提供し、彼らが現代のデジタル社会で求められるスキルを習得できるよう支援しています。
 プログラムでは、情報技術の基礎から始まり、デジタルメディアのコンテンツ制作、コミュニケーション戦略の立案、ソーシャルメディアの分析、モバイルアプリケーションの開発に至るまで、幅広いカリキュラムを提供しています。また、テンセントの専門家によるゲスト講演、インターンシップ、共同プロジェクトなどを通じて、学生は実際のビジネス環境での経験を積むことができます。
 深圳大学の情報コミュニケーション学科は、学生が情報技術とコミュニケーションの分野でのキャリアを追求するために必要な、理論的知識と実践的スキルの両方を習得できるよう設計されています。テンセントとのパートナーシップにより、学生はデジタル時代のイノベーションとリーダーシップを牽引するための独自の機会を得ることができます。当学科は、デジタルメディア、情報技術、コミュニケーションの分野で将来を拓く学生たちを育成することに尽力しています。

受講科目:深圳ICT技術及び産業、AI技術及びその応用、アプリ開発、クラウドコンピューティング基礎、Wechat公式アカウントの運営、コマーシャルデザイン